AGAの状態は遺伝とか生まれつきとかを考えるに至る前に

AGAの状態は遺伝とか、遺伝といっても電気が走っているわけではなく生まれつきということですがAGAをが生まれつきとなるとなんとも悲しいものがあります。といっても、生まれたあとの子供の頃からAGAであるというわけではないのでそこは気をつけていて下さい。

あるいは男性ホルモンの影響、だと決めてしまって居ないでしょうか。それは、継続することが難しくなる理由の1つでもあるので注意を要することになるという状況です。
頭皮状態を正常に保つために、睡眠のリズムを一定にする、栄養に気を付けて食事をとる、お酒を飲む際には少量にすることが重要なことです。また可能なら、ホルモンのバランスを正すために大豆食品などをもとにイソフラボンを摂り入れることも忘れないでください。

ワセリンは、ときにスタイリング剤や保湿剤の代わりとして使用することができ、それはひとつの選択肢として取り入れることができます。ワセリンはとても低刺激なので、敏感肌の人も心配なく使用でき、保湿にも効果的です。頭皮が乾燥して痒いときや、フケが出るようなときは、ワセリンを少しだけ塗ることで改善をはかれます。まつ毛の育成を目的にワセリンを使用するという人もいますから、頭髪の毛髪再生に効果が出てくる可能性もあるかもしれません。ただ、沢山塗りすぎると皮脂の分泌も過剰になってしまうので、使用するときは必ず少量にしましょう。コーヒーが育毛に良いという記事を目にする機会がありました。コーヒーというとカフェインの覚醒効果が広く認知されていますが、医学的にはカフェイン以外の物質による効能が以前から研究されています。いまのところコーヒーを飲むと毛髪再生に良いという説は経験論に近いものかもしれません。
発毛とAGAは効果アリ!

あきらかに良いという人もいますし、刺激物なので抜け毛につながるのではとも言われています。
どちらが本当だと思いますか。
コーヒーには体全体の血流を良くする効果があります。

血液は栄養を届け、老廃物の排出を行うため、これらは地肌の健康と毛髪再生のためにたいへん役立ちます。一方、アデノシン育毛派の主張では、カフェインは髪の生成に関与するアデノシンという物質の分泌を阻害する作用があります。アデノシンは食事から摂るのではなく、体内で生成されるので、寝る直前はもちろん、睡眠4〜5時間前からは避けるようにして飲むべきでしょう。そうすれば、マイナス要因を作らず、プラスの効果だけを期待できます。